効率的な試験対策には、教育のプロの力を借りることも要検討!

このサイトをご覧になっている大半の方は、現役の社会人の方々ではないでしょうか?またマンション管理士試験は、再三申し上げたとおり、出題範囲も広く独学ではなかなか傾向をつかみにくい国家試験です。

通学や通信講座を利用するためには、もちろんそれ相応の投資も必要です。しかし目の前に迫る「マンション管理士の需要」に、最短距離で到達するためには、教育のプロたちの力を借りることも検討しておきたいところです。

資格の学校に通う

専門学校での学びが高い合格率につながる理由は、「教材」に秘密があります。意外に思われるかもしれませんが、教えてくれる講師の質ではなく、合格を左右する一番のポイントは、教材の善し悪しにあるのです。
市販の書籍と専門学校(もしくは通信講座)のテキストの、大きな違いを先に述べます。
スクールの教材は、市販のそれと比べる、ページ数が概ね6~7割ほどで構成されています。「教材は情報量が生命線と言ったではないか!」と、お怒りになるかもしれません。
ところが教育機関を利用する学習では、話が逆になるのです。
資格学校では、経営を維持するために、一人でも多くの合格者を輩出することが大切です。そのためスクールでは、一定量の学習時間で、誰でも一定水準以上の知識を習得ができるよう、教材も工夫しているのです。
ですから、専門学校での学習は投資した金額に見合い、学習効果も高いのです。


メディア教材の付いた通信教育

通信教育が提供している教材も、編集方針は、基本的にスクールと同様です。通信講座を提供する企業も、スクールと同じように、毎年の合格率を最も大事して経営努力をしているからです。つまり通信教育を利用する人も、独学と比べると、学習負荷を大きく減らすことができます。
通信講座で注意してほしいのは、その会社がCDやDVDなどのメディア教材をセットで提供しているかどうかです。通信講座のメディア教材は、専門学校の講師の講義に相当するものです。メディアが付いていない講座の学習効果は、実は独学と大差がないのです。

メディアを提供する通信講座の一例には、フォーサイトがあります。
仕事と並行して勉強時間を捻出すには、講義CDをメディアに録音して、外出先等で繰り返し聴く学習法は非常に効果的です。乱暴かもしれませんが、帰宅の電車内で集中して聞いた内容の部分を、「一問一答」流で、自宅に戻ったら即過去問に取り掛かる…。そんな効率的な勉強も可能です。そういう面では、大いに効率性を重視するべきです。通信講座なら学校へ通う時間も節約できます。ぜひ検討してみることをお薦めします!