会社勤務をする場合の年収、独立開業者の年収

このページでは、マンション管理士の収入や年収について見ていきましょう。
マンション管理士の資格を活かし収入を得るには2つの道があります。ひとつはマンション管理士を募集する企業に勤務する「勤務マンション管理士」の道で、もうひとつは独立開業者として顧問契約先のマンション管理組合から報酬を得る道です。

会社勤務者の年収

マンション管理会社や不動産会社などに、マンション管理士として勤務する場合ですが、年収はおよそ360万円~800万円ほどではないでしょうか。この年収の差は、年齢や業界での経験年数、また入社後の社歴などによって変わってきます。

20代未経験の方の場合ですと、マンション管理士の資格を持っていたとしても、年収は400万円前後からのスタートと考えているのが無難でしょう。資格手当として毎月5000円~1万円を支給している会社もありますが、マンション管理士の資格が直接収入に結び付くのはその範囲です。

会社員として働く場合、収入・年収のアップの如何は、むしろ入社後に築く実績の影響の方が大きいようです。管理会社によっては、マンション管理士を、修繕・保全などスタッフサイドの責任者としてだけでなく、営業拡大の場面でも起用している会社も少なくありません。

営業面で活躍するとは、顧客であるマンション管理組合のフロントとして、組合に修繕や大規模復旧等の工事などの働きかけを積極的に行うことです。そのような営業努力が会社に大型受注を呼び込むことにつながり、個人の評価を高めることになります。その場合、年収は賞与などの一時金でアップするのではありません。実績を評価され、主任→係長→課長など階級の上昇と連動して基本給がアップ。ゆっくりとした道のりではありますが、安定した年収アップを図ることができます。


独立開業者の年収

マンション管理士として独立開業する場合の収入・年収は、一概にはお話しできません。相談業務一件あたりの報酬額は、管理組合との交渉次第ということで、官庁が定める規定はこれといってありません。またマンション管理士は、まだ誕生して間もない資格であるため、業界内での相場感にも定まったものがないのです。
顧問報酬額は、担当マンションの規模(戸数)や相談内容によっても変わってきますので、ここでは適切な目安を立てることができません。今はまだマンション管理士の先輩諸氏が、手探りで適正な報酬値を模索している段階といえるでしょう。
しかし、老朽化しつつあるマンションの区分所有者が、「復旧対策が急務!」と気づき重い腰を上げる近い将来、実力を備えたマンション管理士の人手不足が起こるのは明らかです。その時点までには、ほかの国家資格の開業者と同様に、適正な相場感が確立されているはずです。